保湿剤として有効な成分の1つがワセリンです

男性

安価な黄色と万能な白色

保湿剤として有名なのがワセリンです。ワセリンは2種類のものに分けることができるのです。安価でよく目にするのが黄色ワセリンでしょう。白色ワセリンは化粧にも用いられています。

もっと読む

花粉症の対策

春になると多くの人が花粉症に悩まされています。そんな花粉から肌を守ってくれるのがワセリンです。ワセリンは鼻の中にも使えるので、花粉の侵入経路を塞ぐことができます。そうすることで症状を抑えてくれるでしょう。

もっと読む

保湿剤の種類

乾燥肌や赤ちゃんの肌にも使える保湿剤として有名なものがワセリンです。薬局や病院で買うことができるこのワセリンというのは一体どういうものなのでしょうか。ワセリンというのはいろいろな場所で使用されている保湿剤で、原油を原料としています。油というといいイメージを持たない人もいるでしょう。しかし、ワセリンに使われているのは原油を高純度に精製したものです。また、ワセリンで使われている原油は科学製品ではなく天然由来のものです。余分な成分が入っていないので赤ちゃんや敏感肌の人でも使える優れものなのです。ワセリンは化粧水のように肌に浸透するわけではなく、肌の葉面で留まります。そして、ホコリや化学物質、花粉などの刺激から肌を守ってくれるのです。内部に浸透しないので敏感肌の人でも使えるというわけです。
保湿剤によく使われている成分はワセリンとヘパリン類似物質と尿素です。どれも保湿の役割をしていますが、その働きは少し違うのです。ワセリンには、先ほども話したように肌に膜を張って守ってくれる効果があります。塗ったときの使用感は軟膏と似ていて少しベタついているのです。ヘパリン類似物質の場合は、水と相性がよくそれと結びつくことで保湿性を出しているのです。この成分の場合は血行の促進を促す作用があります。炎症部分に使ってしまうと痒みが出ることがあるようです。最後が尿素です。尿素は元々ひとの肌に存在している保湿成分の1つでもあります。硬くなった角質を柔らかくする力があります。

いろいろな使い道

ワセリンは体のいろいろなところに使うことができます。まず、その保湿の高さからハンドクリームとしても使用できるでしょう。唇や体全体の乾燥にも効果的です。靴ずれには潤滑油として働いてくれるので防止できます。

もっと読む