保湿剤として有効な成分の1つがワセリンです

女の人

花粉症の対策

毎年、春先になると多くの人を悩ませるのが花粉です。花粉症はいきなり発症することも多く、一度なってしまうとなかなか改善できないといいます。目薬やマスクでは、細かい花粉を完璧に防ぐことができません。細かい花粉は目や鼻から入って目の痒みやくしゃみ、鼻水などの症状を引き起こすのです。また、痒くなるのは目だけではありません。敏感肌の人の場合は花粉が肌に付いただけでも刺激になってしまうのです。そんな辛い花粉症に効果があるといわれているのがワセリンです。ワセリンを塗ることで肌守ってくれる膜を張ることができます。ワセリンを塗っておくことで花粉症の侵入経路を防ぎ症状を和らげてくれるのです。では、どこに塗れば花粉症対策として使えるのでしょうか。くしゃみがひどい人や鼻水が出る人の場合、鼻の中にワセリンを塗るといいでしょう。ワセリンは肌の表面だけでなく鼻の中などの粘膜にも塗ることができるのです。ワセリンを鼻に塗ることで、花粉との接触を防ぐことができます。この場合、少量だと効果が薄くなってしまうので、多めにつけるといいでしょう。鼻の中だけでなく肌にも効果的です。花粉が肌に触れることで荒れてしまうので、その症状が出ている部分に使うのがいいでしょう。とくにいいとされているのが鼻や目の周りです。このとき、目には入れないように注意しましょう。瞼や鼻のしたにも塗っておくと効果的です。塗るタイミングとしては、お風呂あがりや出かける前、夕方などがいいでしょう。小まめに塗ることが大切です。