保湿剤として有効な成分の1つがワセリンです

女の人

安価な黄色と万能な白色

保湿剤として多くの人が使用しているワセリンには種類があるのです。ワセリンは敏感肌や赤ちゃんでも使える保湿剤です。その原料は天然由来の原油です。そんなワセリンには黄色いものと白いものがあります。黄色ワセリンと呼ばれているものの多くはドラッグストアでもよく取り扱われているものです。少し黄色く手頃な値段で買うことのできるワセリンです。なぜ、手頃なのかというと、白いものと比べて精製度が低いという理由があげられます。精製度が低いということは不純物の含有量が多いということです。そのため、使うタイミングによって刺激を感じてしまうこともあるのです。敏感肌やアトピー、肌荒れが起きているひとの場合は黄色ワセリンをつけることで刺激を受けてしまう可能性があります。使い方には注意しましょう。また、皮膚が薄い目の周りに使うのも避けたほうがいいでしょう。この黄色ワセリンよりも性純度が高いのが白色のワセリンです。白色ワセリンは医療機関でもよく使われています。不純物の含有量が少なく肌に優しいというのが特徴です。医薬品として使われている白色ワセリンは、傷ついた皮膚にも使えるように作られています。酸化防止剤や香料が使われていないので刺激となる物質が入っていないのです。全身に使える優れものです。また、白色ワセリンには化粧品として使われているものもあります。医薬品扱いのものよりも少し低価格で、いろいろなお店で売られています。自分の肌の状態に合わせて使い分けるといいでしょう。